診療科・部門Departments

内科

内科では、循環器疾患、肺炎、COPD、睡眠時無呼吸症候群、在宅酸素等の呼吸器疾患、糖尿病、内分泌疾患、生活習慣病~老年期医療、膠原病・アレルギー疾患等の内科疾患全般に対して幅広く、全人的診療を心がけて診療を行っています。心筋梗塞等は、循環器専門の千葉西総合病院と連携して診療を行っています。肺がん、血液疾患や、透析の必要な腎不全などは、近隣の専門医療施設と連携して対処しています。消化器・肝胆膵疾患は、当院外科が担当して診療を行っています。特に、糖尿病をはじめとする生活習慣病は、管理栄養士の食事指導、リハビリテーション科運動指導にて生活習慣の是正に積極的に取り組んでいます。

ドクター紹介

太枝 徹院長

院長 太枝 徹(おおえだ とおる)

学歴

1980年山形大学医学部卒業

1989年10月~1992年年3月米国国立衛生研究所(NIH)留学

1989年11月千葉大学大学院医学博士

所属学会、
認定など

日本内科学会認定内科医、総合内科専門医

日本糖尿病学会糖尿病専門医

日本内分泌学会内分泌代謝科専門医

難病指定医

千葉県緩和ケア研修会修了

初期臨床研修プログラム責任者養成会修了

大学卒業後、千葉大学第2内科に入局し、内科系各科を研修し、その後、成田赤十字病院、船橋済生病院に赴任し、1994年から千葉大学第2内科文部教官助手(助教)を務め、1998年から松戸市立病院にて内科医長、健康管理室長、内科部長、診療局長、副院長を歴任し、2015年4月より当院に入職しています。
千葉大学第2内科にて総合内科の医師としての素養を身につけ、サブスペシャリティーとともに、現在まで総合内科の医師を基本として診療に努めています。

富山 順治総長

総長 富山 順治

学歴

1980年筑波大学医学専門学群卒業

1991年筑波大学大学院医学博士

所属学会、
認定など

日本内科学会 総合内科専門医 指導医

日本血液学会 血液専門医 指導医

医学博士

1980年筑波大学医学専門学群卒業後、東京都立墨東病院での内科研修の後、筑波大学付属病院血液内科で研鑽、1991年筑波大学大学院医学博士取得。同年、都立墨東病院内科医長、以後、同内科部長、副院長、都立広尾病院副院長、東京都がん検診センター所長、都立大塚病院院長を歴任し、2020年3月東京都を定年退職後、4月より現職。

漢方内科

ドクター紹介

先生

非常勤医師 黒川 貴代

学歴

1992年順天堂大学卒業

鍼灸

鍼灸をご希望の方は事前に当院漢方内科をご受診ください。

金額
(全額自己負担)
鍼灸
(月・水・金曜日)
4,000円
(30分)
鍼灸
(火・土曜日)
6,000円
(45分)
施術者 鍼灸師 杉森 隆子
鍼灸師 門澤 貴仁

2022年9月1日より価格が変更となります。

金額(全額自己負担) 鍼灸
(月・火・水・金・土曜日)
5,000円
(45分)
施術者 鍼灸師 杉森 隆子
鍼灸師 門澤 貴仁
当院で我孫子市の「はり・きゅう利用券(補助券)」が使えます。来院時に、受付係にお渡しください。申請・お問い合わせは我孫子市役所まで。

外科

ドクター紹介

副理事長 高橋 一昭

副理事長 高橋 一昭

学歴

1980年千葉大学医学部卒業

所属学会

日本外科学会

日本救急医学会

認定など

日本外科学会外科専門医

日本救急医学会救急科専門医

日本救急医学会認定ICLSコースディレクター

JATECインストラクター

JPTECインストラクター

千葉県東葛北部地域メディカルコントロール協議会評議委員

先生

副院長 篠田 雅央

学歴

1991年東北大学医学部卒業

1998年東北大学大学院修了(医学博士)

所属学会

日本外科学会

日本消化器外科学会

日本内視鏡外科学会

日本癌学会

日本乳癌学会

日本腹部救急医学会

日本臨床外科学会

日本ヘルニア学会

認定など

日本外科学会外科専門医

日本内視鏡外科学会技術認定医

身体障害者福祉法第15条指定医(膀胱・直腸機能障害、小腸機能障害、肢体不自由)

医長 潘 宣超

医長 潘 宣超

学歴

1999年中国ハルビン医科大学卒業

2009年東京大学大学院外科学専攻

博士号取得

所属学会

日本外科学会

日本臨床外科学会

日本消化器外科学会

認定など

日本外科学会外科専門医

日本外科学会 第15回 研究奨励賞

その他

2013年初期臨床研修修了(名戸ヶ谷病院)

脳神経外科

当科は日々、脳神経外科領域の診療を行っています。柏市の名戸ヶ谷病院の理念に基づき、24時間365日の診療体制、急性期から回復期/予防までを総合的にサポートします。
当科の特徴としては、日本脳神経外科学会脳神経外科専門医、脳卒中専門医、脳血管内手術専門医が常勤しており、脳卒中・脳血管障害に関して総合的な治療が可能です。手術を必要とする未破裂脳動脈瘤、破裂脳動脈瘤(くも膜下出血)や頸部頸動脈狭窄に関しても開頭術・外科的手術と血管内手術の双方からのアプローチが可能です。病変の部位や状態などから総合的に判断し、より適切な治療を提案させていただきます。

主な診療疾患

  • 脳血管障害/脳卒中
    破裂脳動脈瘤、未破裂脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞、脳動静脈奇形、硬膜動静脈奇形、もやもや病、内頸動脈閉塞、内頸動脈狭窄など
  • 頭部外傷
    急性硬膜外血腫、急性硬膜下血腫、脳挫傷、頭蓋骨骨折、慢性硬膜下血腫など
  • その他
    脳腫瘍、認知症、三叉神経痛、水頭症、脳炎、髄膜炎など

ドクター紹介

先生

専務理事 山﨑 研一

学歴

1995年東海大学医学部卒業

所属学会

日本脳神経外科学会

日本脳神経血管内治療学会

日本脳卒中学会

認定など

日本脳神経外科学会脳神経外科専門医

日本脳神経血管内治療学会脳神経血管内治療専門医

日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

先生

脳神経外科部長 熊坂 明

学歴

1995年東海大学医学部卒業

所属

日本脳神経外科学会

日本脳神経血管内治療学会

日本脳卒中学会

認定など

日本脳神経外科学会脳神経外科指導医・専門医

日本脳神経血管内治療学会脳神経血管内治療専門医

日本脳卒中学会認定脳卒中指導医・専門医

先生

医長 佐藤 祐司

学歴

2000年東京大学医学部卒業

その他

2006年初期臨床研修修了(名戸ケ谷病院)

先生

医長 葛綿 翔一郎

学歴

2011年東京医科歯科大学医学部卒業

所属学会

日本脳神経外科学会

認定など

日本脳神経外科学会脳神経外科専門医

その他

2013年初期臨床研修修了(名戸ケ谷病院)

小児科

ドクター紹介

先生

小児科部長 奥村 恵子

学歴

1992年3月千葉大学医学部卒業

所属学会

日本小児科学会

日本小児神経学会

日本小児アレルギー学会

認定など

日本小児科学会小児科専門医

日本小児神経学会小児神経専門医

整形外科

整形外科は頚部からつま先まで、体の幅広い分野を扱います。対象となる組織も、骨・関節・筋・靱帯・腱・神経と多岐にわたります。ヒトを動かすために必要な運動器(手足や脊椎などの骨格、それをつなぎ合わせる関節、靭帯、さらにそれらを動かす神経、筋など)、すなわち四肢、関節および脊椎の疾患を扱う診療科です。疾患は小児の先天的なものから高齢者の変性疾患にいたるまで、また骨折などの外傷から悪性腫瘍にいたるまで、多種多様なものがあります。診療科名に「外科」という言葉が使われてはいますが、内科的な治療(薬や理学療法)と外科的な治療(手術)の両方を行っています。手術は顕微鏡を使った繊細なものから、人工関節や背骨の配列を変えるダイナミックなものまで、多くの種類があります。生命寿命が伸びた現在、いかに運動器を健康にするか、健康寿命をいかに長くするかが、整形外科に課せられた大きな使命の1つとなっています。


ドクター紹介

先生

整形外科部長 伊藤 崇

学歴

1998年岩手医科大学卒業

2002年岩手医科大学大学院卒業

認定など

日本整形外科学会専門医

日本整形外科学会リウマチ医

医学博士

先生

整形外科副部長 塩野 寬大

学歴

2000年島根医科大学卒業

認定など

日本整形外科学会専門医

日本脊椎脊髄病学会指導医

日本骨粗鬆症学会認定医

日本人工関節学会認定医

先生

非常勤医師 川口 浩

学歴

1985年東京大学医学部卒業

所属学会

日本整形外科学会

日本脊椎脊髄病学会

American Society for Bone and Mineral Research(ASBMR)

日本骨粗鬆症学会

日本軟骨代謝学会

Osteoarthritis Research Society International(OARSI)

認定など

日本整形外科学会整形外科専門医

日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医

日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医

公職

日本学術振興会科学研究費委員会専門委員(2006年1月~2007年1月)

日本学術振興会科学研究費委員会特別推進研究費生物系委員会専門委員

学会・学術雑誌
などの役職

Osteoarthritis & Cartilage: Editor

BMC Musculoskeletal Disorders: Editor

日本軟骨代謝学会理事


日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について

名戸ヶ谷あびこ病院 整形外科では、運動器の病気で入院・通院されていた患者さん の診療情報を用いた研究を実施しております。この研究を実施することによる患者さんへの新たな負担は一切ありません。 また、患者さんのプライバシーの保護については法令等を遵守して研究を行います。 あなたの試料・情報について、本研究への利用を望まれない場合には、担当医師にご連絡ください。
通常、臨床研究を実施する際には、文書もしくは口頭で説明・同意を行い実施します。 臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究等については、 国が定めた指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、 研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、 さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。(オプトアウト)

日本整形外科学会症例レジストリー(JOANR)構築に関する研究について
(PDF形式)




当院では「PFC-FD療法」による新しい関節療法を実施しております。
※保険適用外のため、費用は全額自費負担となります。

「PFC-FD療法」について
(PDF形式)

耳鼻咽喉科

当科では、耳鼻咽喉科領域すべての疾患について、きちんと診断し、丁寧にご説明し、現在の水準で最も適切と考えられる治療を行うことをモットーとしています。必要な方には入院治療や手術を行います。
当院はいかなる患者さんにも対応できることを目標とした病院ですので、耳鼻咽喉科固有の疾患はもちろんのこと、内科、外科、脳神経外科、眼科などとの境界領域に股がる疾患が多いのが特徴です。各専門科と連携しながら、広い視野でしっかりと対処できるよう、努力を重ねています。めまいがする、顔が曲がってしまった、首にしこりができた、いびきがひどく呼吸が止まる、口の中に潰瘍ができた、顔が腫れたなどの症状や、補聴器を試してみたいなどのご要望も耳鼻咽喉科にご相談ください。

主な診療疾患

耳鼻咽喉疾患一般、めまい、補聴器の相談など

対応手術

鼻・副鼻腔手術、鼓膜チューブ挿入術、アデノイド・扁桃手術、喉頭微細手術(喉頭腫瘍の検査・声帯ポリープ)、頭頸部腫瘤・嚢胞手術、唾液腺手術など

入院

手術目的(上記ご参照ください)、鼻出血、耳鼻咽喉の急性炎症、めまい、急性神経障害(突発性難聴、顔面神経麻痺)など

福祉関係

身体障害者福祉法第15条指定医(聴覚、平衡覚、音声・言語機能障害)

ドクター紹介

先生

耳鼻咽喉科部長 工藤 裕弘

学歴

1982年東京大学医学部卒業

所属学会

日本耳鼻咽喉科学会

日本めまい平衡医学会

日本気管食道科学会

認定など

日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医

東京大学耳鼻咽喉科医局出身

形成外科

形成外科は一言でいうと、体の表面に現れる変形や機能障害を治療する外科です。体の表面の組織であれば、顔・頭から足までいろいろな疾患を治療しています。
形成外科診療日以外でお困りの時は、一般診療の医師が診察し、応急処置や処方などを行い、形成外科に引き継がせていただきます。また、全身麻酔などを要する場合は、名戸ヶ谷病院本院もしくは他院を紹介することもあります。

主な診療疾患

熱傷(やけど)、顔面外傷、体表面の変形・傷痕など、陥入爪、皮膚・皮下腫瘍:粉瘤(ふんりゅう、アテローム)、脂肪腫、母斑など

ドクター紹介

先生

非常勤医師 中塚 貴志

学歴

1979年東京大学医学部卒業

所属学会

日本形成外科学会

日本創傷外科学会

日本マイクロサージャリー学会

日本頭頸部癌学会

日本頭蓋顎顔面外科学会 など

 

認定など

日本形成外科学会形成外科認定医

日本創傷外科学会形成外科認定医

日本頭蓋顎顔面外科学会認定医

麻酔科

ドクター紹介

先生

麻酔科部長 長谷 洋和

学歴

2002年昭和大学医学部卒業

所属学会

日本麻酔科学会 専門医・指導医

認定など

麻酔科標榜医

臨床研修指導医

 

 

 

 

皮膚科

皮膚科の疾患は、この薬を飲めば治る、塗れば治るというような単純なものではありません。
薬自体は医師が処方しますが、治療自体はご自宅で患者さん自身が行うものになります。
また、長期に渡り付き合っていかなければならない場合が多いです。
その為、診断することは勿論のこと、その後の外用薬の塗り方やスキンケアの仕方、 疾患との付き合い方等をしっかりお話することが大切だと考えております。

皮膚の疾患は人それぞれ症状が異なります。
患者さんの経過などを詳しく聞く事が診断には必要不可欠と考えます。
限られた診療時間の中ですが、出来る限りしっかりとお話をして皆様に寄り添った医療を提供することを心掛けていきたいと考えております。

主な診療疾患

●アトピー性皮膚炎
●蕁麻疹
●水いぼ
3歳以上の場合は局所麻酔薬が含有されたテープを30分〜1時間貼付した後に行いますので疼痛がかなり抑えられます。
既に炎症を起こしている場合は出来ませんのでご了承ください。
●にきび
●尋常性乾癬
オテズラの処方可能です。
●掌蹠膿疱症
●皮膚腫瘍
当院形成外科へ依頼させて頂いております。局所麻酔で切除可能な範囲であれば当院にて可能です。
●帯状疱疹
●水疱症
●中毒疹 
●ウィルス性いぼ


その他にも幅広く一般的な皮膚疾患を診療しております。
入院や紫外線療法、皮膚生検が必要な場合は近隣の病院をご紹介させて頂いております。

皆様の皮ふのかかりつけ医になれますよう、日々邁進してまいります。

ドクター紹介

先生

非常勤医師 白土 麻澄

学歴

2010年聖マリアンナ医科大学卒業

所属学会

日本皮膚科学会

認定など

日本皮膚科学会皮膚科専門医


※資格等についての問い合わせ:名戸ヶ谷あびこ病院  TEL:04-7157-2233